仮想通貨は国などのバックボーンがありません

最近、投資目的で利用する方が増えてきたビットコインは、まだまだ新しいアイテムという事もあり、様々な問題があります。
仮想貨幣は、国が先導して行っている通貨ではありません。
その為、発行元や管理元がいない通貨という、少々フワフワした存在になっております。
そのため、何らかのトラブルが発生してしまった時には、そのトラブルを解決するために率先して行動してくれる責任者がいないという状況になっております。
また、今後の方針などの方向性を決定するような場合など、意思決定をする際に意見がまとまらないために、ガバナンスが取れないという問題を常に抱えている状態になっております。

そんな状況を打破しようとビットコインの今後の方向性や問題点に関して話し合うコミュニティとして設立されたビットコイン財団という非営利団体が存在してはいますが、設立された財団の関係者の中にはビットコインを大量に保有している方が多く、当事者的な方が多いので、どうしても個人の利害ばかりを優先してしまうという傾向があります。
その為、どうしても意見がまとまりにくく、時間をかけても問題の解決ができないという状況になっております。
今後、ビットコインが普及するためには、このような問題をクリアしていく事が必要になってきます。


このホームページにも情報があります

MENU